* * * * ブログランキング * * * *
下記ブログに参加しています。カチッとワンクリックして頂けると励みになります。
 
にほんブログ村 住まいブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

baner_kokyu.png

2017年02月08日

昔からの土地の境界決めは難しいですね。

いとう建設は、いとう建設でお建ていただく人のために、不動産部が有る。
良い土地を買ったり、地主さんから預かったりして、いとう建設で新築をするお客様におススメしている。
ここ1年、農家住宅の約400坪敷地を2物件買った。
いずれも境界が1.5mほど違い、いろいろ苦労した。
たとえ境界杭が有ったとしても
「先祖代々、この木が境界と聞いている」と。
そんな時は、隣地の土地の仮測量をして、隣地の土地が登記簿上の坪数と大きいか小さいかを
はかり、説得したりするが、土地の面積が小さいとまたひと騒動だ。
杭がない場合どうしても納得をして頂けない場合は、いとう建設が有る程度引きまとめる以外ない。
これから工事が始まる隣地の人ともめ事を起こしたくないとの思いからだ。
まあ。損して得取れ?得をとれるのかはわかりませんが仕方ないですね。

今も1軒問題が発生しているのだが・・・。
こちらが引いて折れるのも限界はありますから難しいですね。
大きな声がでそうですが我慢ガマンです。
円満解決を目指します。
昔の大きな土地は本当に難しいですね。

ちなみに自宅を建てる時、自宅土地を正式に測量したのですが登記簿より小さい
私も納得できず、北の道から測量したり南の道から測量したがやはり小さい
納得するしかないですよね。
昔の測量は精度が悪かったからしかたない。

下のバナーをポチッとクリックして、ブログランキングにご協力くださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ


下のバナーをポチッとクリックして、ブログランキングにご協力くださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



社長5の1.jpg
posted by 建築屋のおやじ at 15:46| 群馬 ☔| Comment(0) | ◆建築や おやじの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

* * * * ブログランキング * * * *
下記ブログに参加しています。カチッとワンクリックして頂けると励みになります。
 
にほんブログ村 住まいブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ